【薄毛傾向レベル3!】頭皮が赤い

頭皮が赤いのは炎症がある証拠!薄毛の危険シグナル

頭皮がなんとなく赤くなっている・・・
頭皮に湿疹のようなぶつぶつが・・・
かゆみが頻繁に起きる・・・・
このような症状に心当りがある人は、頭皮が炎症を起こしている可能性があります。
特に頭皮に○○○ができている人は・・・

頭皮の炎症は、頭皮ストレスの、ごく前兆の症状です。
すぐに髪の毛が薄くなるというわけではありませんが、この段階から頭皮ケアを実施しておけば、改善されていくでしょう。

頭皮の炎症の元となる原因と対策について以下で説明していますので、ご参考にしてください。

頭皮に出来るニキビは薄毛を引き起こす!?

ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌によるものです。
改善するには、まず頭皮を常に清潔にして、雑菌のエサになる皮脂の残留量を減らさなければいけません
就寝前のシャンプーは、1日の頭皮に溜まった汚れや酸化した皮脂、雑菌を落とし、善玉菌の働きを活性化させる効果があります。
特にグリチルリチン酸2kという成分は、頭皮の炎症を抑えて、正常な毛穴に戻す効果があります。

育毛シャンプーには、この成分が配合されているものが多いので、上手に活用して頭皮の健康を保ちましょう。

余分な皮脂を取り除き、正常な頭皮環境を維持

ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌によるものです。
改善するには、まず頭皮を常に清潔にして、雑菌のエサになる皮脂の残留量を減らさなければいけません。

就寝前のシャンプーは、1日の頭皮に溜まった汚れや酸化した皮脂、雑菌を落とし、善玉菌の働きを活性化させる効果があります。
特にグリチルリチン酸2kという成分は、頭皮の炎症を抑えて、正常な毛穴に戻す効果があります。

育毛シャンプーには、この成分が配合されているものが多いので、上手に活用して頭皮の健康を保ちましょう。

汗をかきやすい夏場はこまめな洗髪が有効

通常、洗髪は1日1回が基本です。
しかし、汗をかきやすい夏場は、その汗の量だけ皮脂も大量に分泌されています。
これは、こまめに洗い落としたほうが、雑菌が繁殖しづらくなり、頭皮の炎症も防げます

髪の毛が傷みやすい人は、シャンプーは1日1回にして、熱すぎないシャワーのお湯だけで、すすいであげるだけでもOKです。

あくまでも皮脂の摂り過ぎには注意!

皮脂は摂り過ぎると、乾燥肌を招き、かえって過剰分泌されてしまいます。
頭皮には適度な皮脂が必要ですので、乾燥しやすい気候の時には、洗い過ぎないことが大事

また、育毛シャンプーを選ぶ時も、洗浄力に注目するのではなく、配合されている育毛成分に注目したほうがいいでしょう。

特に炎症を抑えるグリチルリチン酸2kや、コラーゲン、ヒアルロン酸、アミノ酸となる大豆成分が含まれている育毛シャンプーがおすすめです。

頭皮を清潔に保ちつつ十分な栄養を与えて、抜け毛や薄毛を予防しましょう。

このページの先頭へ