【薄毛傾向レベル3!】細い髪の毛が目立つ

髪が細くなった!その症状は薄毛のセカンドステージ!

髪の毛の分け目が目立つ・・・・。
頭頂部が濡れると頭皮があらわになる・・・。

このような状態に心当たりがある人は、薄毛が少しずつ進行している可能性があります
特に若い時○○していた人に、あらわれやすい症状です。

元々髪の毛が細いのは生まれつきの体質が関係しています。
しかし、太かった髪の毛が段々と細くなっている場合は、薄毛への進行が進んでいるかもしれません。
毛髪にその状態があらわれていると、次に発生する症状は「抜け毛」です。
ただ、その状態はまだ早い段階なので、頭皮ケアをおこなえば改善の余地は全然あります。

以下の原因と対策を参考にしていただき、薄毛を徹底予防しましょう。

脱色やパーマが将来の頭皮に悪影響を与えている

脱色やパーマを繰り返すと髪の毛が弱っていきます
これらの行為は、髪の毛本来に含まれている成分を削り、保湿力を低下させてしまうからです。

すぐに薄くなるというわけではないのですが、年を重ねてからの発毛にも悪影響を及ぼしてしまいます
今からでも遅くはありませんので、育毛シャンプーを使って、弱った頭皮を蘇らせましょう

髪の毛が細くなったのは頭皮の栄養失調が原因

髪の毛にも身体と同じく栄養が必要です。
頭皮の状態が悪くなると、シャンプーをしてもその栄養成分が浸透しにくくなってしまいます。
まずは、毎日のシャンプーを欠かさずにおこない、清潔な皮膚を保ち、髪の毛が生えやすい土壌をつくってあげることが大事です。

また、食事の栄養価にも気をつけ、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミンをくまなく摂取できる献立を考える必要があります。
体の外側と内側、両面から徹底ケアをおこなうようにしましょう。

シャンプーの刺激が強すぎる!

シャンプーの洗浄力に髪の毛が負けていませんか?
含まれている洗浄成分が髪の毛の繊維を傷つけて、細くしてしまっている可能性があります。

それは、シャンプーの成分が強すぎるのか、洗髪の仕方に問題があるのかもしれせん。
洗髪時は、髪の毛を洗うのではなく、むしろ頭皮を洗う意識をしておこなってください。
また、1分程度の短時間でシャンプーを綺麗に洗い流して、育毛用のコンディショナーで髪の毛や頭皮に栄養を与えてあげましょう

加齢と共に薄毛リスクは増加!早期対策をおこなおう

人の体は年齢と共に、段々と老化が進行していきます。
頭皮の細胞も同じく20代をピークに少しずつ年老いていき、30代から保湿力の低下や毛根の働きが弱まっていきます

ただ、常日ごろから頭皮を清潔に保ち、ケアを怠らなければ、薄毛の進行は確実に遅らせることができます
例えば、人間の「歯」においても、毎日デンタルヘルスケアをほどこしていけば、年をとっても健康な歯が長持ちしますよね?
それは髪の毛にもいえることで、早期から予防をおこなうということは何よりも効果的なのです。

このページの先頭へ