薄毛のチェックは、まず頭皮の健康状態から!

自分は大丈夫?

頭皮の健康状態は、生活環境によって日々刻々変化します。
お酒やタバコを嗜む人、徹夜による睡眠不足、食事の不摂生は、交感神経が刺激されたり頭皮の血行不良が起こったりするから、皮膚の乾燥を引き起こしてしまいます
乾燥した皮膚は、皮脂を過剰分泌し、それをエサに雑菌が繁殖。
さらには、角質層の代謝も過度に活発となるので、フケも大量に発生するようになります。
薄毛のチェックは、これらの兆候を細かく観察すること。
以下では、薄毛の兆候を細かくまとめましたので、ぜひご覧ください

髪の毛がすぐにべたつく!

check1

髪の毛のべたつきは、皮脂の過剰分泌が原因

これは、頭皮が乾燥することから引き起こされる症状です。
頭皮が乾燥する原因は、前述にもありましたが、睡眠不足や疲労の蓄積、精神的ストレス、タバコの吸いすぎなどによる自律神経の乱れが挙げられます。シャンプーだけではこの症状はなかなか改善されません

リズムがある生活、適度なストレスの発散、禁煙をまず心がけて環境を改善する必要があるでしょう。

頭がかゆくなり、フケが出る

check2

フケは、頭皮が乾燥して保護していた皮脂が少なくなり、角質がむき出しになった頭皮をかきむしることで発生します。さらに、その状態は、「頭皮のかゆみ」という症状も生み出してしまいます。

発毛環境としては、頭皮をかきむしることで、皮膚や毛穴を傷つけてしまているので、良い環境とは言えません。

フケの兆候が見られたら、まず使っているシャンプーをフケかゆみに効果のある育毛シャンプーに変えて、こまめな洗浄を心がけるようにしましょう。

頭皮が臭う

check3

頭が臭うのは、頭皮に雑菌が繁殖しているのかもしれません。
雑菌はフケ皮脂を餌にして臭いのあるガスを発生します。

例えば、雑巾を濡れたまま放置していると、なんともいえない臭いがします。これも雑菌の繁殖によるもので、前述の頭皮の臭いの発生要因と同じと言えますね。

雑菌は、毛穴に侵入するため、皮膚の表面を洗うだけでは根本的な解消は望めません。
改善策としては、「毎日のシャンプーを毛穴を意識して洗い、中の雑菌と汚れを少しずつ減らしていく」ということが挙げられます。
シャンプーする際は、爪を立てずに、頭皮全体をマッサージするようなやり方がベスト。

ドライヤーで髪を乾かす際は、「しっかり髪の毛を乾かすこと」で、髪の毛に付着した水気がなくなり、雑菌が繁殖されにくい状態になります。

このように、薄毛の兆候は頭皮にあらわれることから、日々の頭皮の状態を観察して早期発見を心がけましょう。

気がついてないだけ?本当は危ないかも!

さらにくわしく効果を知る!

このページの先頭へ