アミノ酸系育毛シャンプーの必要性~頭皮の弱酸性化を促す~

頭皮に必要性の高いアミノ酸洗浄剤入りシャンプー

一般のシャンプーと育毛シャンプーの違いは、含まれている洗浄成分にあります。

一般のシャンプーに含まれている洗浄成分は弱アルカリ性なのに対して、優れた育毛シャンプーには、「アミノ酸系洗浄成分」が配合されています。
この2つの洗浄成分の違いは、洗髪後の頭皮の「pH(酸性orアルカリ性)」に現れます。

アルカリ性洗浄成分の問題点とは?

アルカリ性洗浄成分は、本来弱酸性である皮膚の環境をアルカリ性に偏らせてしまう作用があります。
皮膚がアルカリ性に偏ると、悪玉菌が繁殖しやすい環境になり、炎症や抜け毛などの頭皮トラブルを引き起こす恐れがあります

それを防ぐために、アルカリ性シャンプーを使った後は、弱酸性のリンスで綺麗にすすぐ必要がありました。

しかし、すすぎ残しがあるといけないので入念に洗いすぎてしまい、髪の毛を傷めることにつながるケースがあります。

アミノ酸系洗浄成分は頭皮の弱酸性環境を維持する

頭皮に悪玉菌が繁殖し難い環境は、「弱酸性」であることが望ましいとされています。
アミノ酸系洗浄成分は、弱酸性の性質を持つ「アミノ酸」を主体としているため、頭皮の弱酸性化を促す働きがあるのです。

☆アミノ酸系界面活性剤が皮膚のたんぱく質を破壊せず安全に洗う

アミノ酸系洗浄成分には、アルカリ性洗浄成分のような、皮膚のたんぱく質を溶かす弊害がありません。
そのため、頭皮が敏感な人や、炎症を起こしている人でも、刺激を抑えて洗髪することができるのです。

☆頭皮のダメージを補修する

アミノ酸系洗浄成分は、皮膚や髪の毛に近い成分である「アミノ酸」が配合されています。

そのため、アミノ酸成分が、ダメージによって破壊された細胞に浸透し、補修を促す作用が期待できるのです。

☆アミノ酸系シャンプーはリンスいらず

アミノ酸系シャンプーは、洗浄成分自体が弱酸性のため、弱酸性のリンスをしなくても、頭皮環境がアルカリ性に偏ることはありません。
シャンプーをして、速やかにすすぐだけで、正常な弱酸性の頭皮環境が保たれます。

これにより、洗髪時の髪の毛の摩擦回数が減り、ダメージを抑えた洗浄が可能になるのです。

天然成分「オリーブオイル」配合シャンプーで必要な油分を補う

頭皮に水分と養分を蓄えるには、保護膜による「蓋」が必要となります。
普段は皮脂が保護膜の役割をしているのですが、頭皮が乾燥しがちな人は、外から皮脂の代わりになる油分を補わなくてはいけません。

それには、「オリーブオイル」が含まれている育毛シャンプーがお勧めです。

オリーブオイルに含まれているオレイン酸は、人間の皮膚にも含まれている成分で、頭皮を傷めずに皮膚をコーティングし、肌荒れや乾燥を防ぐ働きがあります。

オリーブオイルが作り出す保護膜が蓋になることで外的刺激から皮膚を守り、細胞の内側に蓄えられた養分と水分を外へ逃がさず、しっかりとキープすることができるのです。

特に髪の毛が傷んでいたり、乾燥してフケやかゆみが治まらない人は、使用するシャンプーの成分に注目し、頭皮に有効な成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。

このページの先頭へ