ハゲ予防には短髪のヘアスタイルがおすすめ!

ハゲにくいヘアスタイルは短髪!その理由は?<br />

ハゲ予防に良いヘアスタイルが短髪だという理由のひとつは、髪の毛が短いヘアスタイルな分、頭皮を清潔に保ちやすいからです。
短髪のヘアスタイルは、すすいだ時のシャンプー液の残留なども起こりにくく、乾きやすく頭皮に雑菌が繁殖しにくいヘアスタイルなので、ハゲになりにくいヘアスタイルといえます。

また、長髪のヘアスタイルとは違いブラッシングや洗髪時に髪の毛がもつれて抜けることで、頭皮を傷つけてハゲの原因になるようなことも、起こりにくいという短髪のヘアスタイルのハゲについてのメリットもあります。
もつれて強引に抜けた髪の毛は、毛穴にダメージを残して炎症を起こし、ハゲの原因になる恐れがあります。
そういったハゲに繋がるリスクが、短髪のヘアスタイルには少ないのです。

短髪のヘアスタイルが一番!整髪料はハゲの原因に?

ヘアスタイルを決めるための過度な整髪料の塗布は、頭皮の皮膚呼吸を妨げてしまい、薄毛やハゲの症状を進行させる恐れがあります

髪の毛に塗る整髪料はマニキュアのようなもので、長時間つけたままにしておくと、髪の毛のキューティクルが剥がれ、髪の毛が傷んでしまいハゲの原因になります。
特に長髪のヘアスタイルの場合は面積も広くなるので、より傷んでハゲに繋がりやすいです。
また、頭皮にも整髪料の成分が付着しますので、それが毛穴を塞ぎ、皮膚呼吸を妨げて、ハゲの原因になってしまいます

ですから、どのヘアスタイルでも整髪料はできるだけ控えたほうが無難なのです。
さらにいえば、長髪のヘアスタイルよりも短髪のヘアスタイルの方がハゲにくいというわけですね。

ヘアスタイルは短髪で、裸のままの髪の毛が一番頭皮の健康に良いのだといえます。

では長髪のヘアスタイルの場合はどうなのでしょうか?女性は長髪のヘアスタイルの方が多いですが、男性と比べて薄毛やハゲに悩む人は少ないように感じます。

ハゲやすいヘアスタイルは長髪!しかしなぜ女性はハゲ難い?

ハゲにくいヘアスタイルは短髪!その理由は?<br />

ハゲかけている人は、ヘアスタイルにも注意する必要があります。

長髪のヘアスタイルだと、それだけ絡みやすくなり、抜け毛を増やしハゲの原因となってしまいます。

また、髪の毛が長いヘアスタイルだと頭皮の湿度が高くなり、雑菌による頭皮トラブルがハゲを招く恐れもあります。
しかし、男性よりも髪の毛が多いヘアスタイルの女性の場合、男性と比べて薄毛やハゲのリスクは低いといえます。
たしかに女性のハゲは男性のハゲに比べてあまり見ないですよね。
それは長いヘアスタイルでも短いヘアスタイルでも同様です。

このヘアスタイルに関係なく男性が女性よりハゲやすい理由は、一体どういったものなのでしょうか?

男性はジヒドロテストステロンの分泌量が多い!

薄毛やハゲの原因となるジヒドロテストステロンの分泌量は、女性よりも圧倒的に男性のほうが多いのです。
この物質は男性ホルモンの一種ですので、女性ホルモンの分泌が盛んな年代の女性には、あまり分泌されません。
これが、女性はハゲ難いといわれる理由のひとつです。

しかし、女性も更年期を過ぎると、この男性ホルモンが増加して薄毛やハゲの症状があらわれる場合があります。

女性の場合は、男性と比べて体内の女性ホルモン分泌量が多いので、ヘアスタイルに関わらずそれらホルモンの影響が、ハゲの症状のあらわれ方を違った形にしているのでしょう。

男性と女性の薄毛やハゲは違う!?ヘアスタイル以外の男女差

男性のほうがハゲやすいと思われる理由は、発症する年齢が女性よりも若い傾向があるため

男性の薄毛やハゲは、髪の毛の成長が早期に止まるといった症状があらわれます。
これは男性型脱毛症(AGA)といい、髪の毛が育つ前の段階に抜けてしまうことが多く、抜け毛が短くて細いのが特徴的です。

そのままにしておくと、毛根が縮小していき、次第に発毛しなくなってしまいます。

女性の薄毛は、びまん性脱毛症と呼ばれる症状で、毛髪は長く育つのですが、細くなってしまうため、ヘアスタイルに関わらず地肌が透けてハゲっぽく見える状態です。
一般的に、男性の薄毛やハゲは部分的、女性の場合は全体に現れることが多いようです。

このページの先頭へ