帽子でハゲる原因「雑菌」の繁殖を防ぐには?

帽子とハゲの関係性と正しい活用術

雑菌を綺麗に洗い流して栄養補給をする!ただこれだけでも薄毛予防になります。

帽子は、ハゲ予防のために、季節によって外出時に被っていたほうが良い場合がありますが、頭皮ケアを忘れてはなりません

気温が高かろうが低かろうが、帽子の中は汗をかきやすいですので、雑菌の繁殖が心配だからです。

目に見えない頭皮の表面には、アクネ菌やブドウ球菌などの雑菌が、実に約30種類以上も常在しています。

普段は、各々の菌達がバランス良く頭皮に住み着いているのですが、汗や劣化した皮脂、フケなどの「エサ」が与えられると、たちまち菌バランスが狂い、頭皮を荒れた畑にしてしまうのです
酷い場合は、皮膚ダニと呼ばれる微生物が大量に繁殖してしまい、頭皮ニキビやアトピーを引き起こしてしまうこともあります。

「就寝前」の頭皮ケアシャンプーが特に重要!

寝る前は、頭皮をシャンプーで綺麗に洗い、クリアな状態に戻してあげることが大事
そうすることで、眠っている時に毛母細胞の分裂が活性化されます。

なぜ寝る前のシャンプーが細胞分裂を促進するのかというと、それは細胞が最も活性化されるゴールデンタイム(睡眠中の22時~深夜2時の間)に備えて、毛穴をクリアにすることができるからです。
頭皮の毛穴は顔の毛穴と同じく、汚れが溜まりやすい箇所です。
そこに余分な皮脂や汚れが滞留してしまうと、皮膚は正常な呼吸ができなくなってしまいます。それを防ぐことが、就寝前にシャンプーをする目的なのです。

さらに使っているシャンプーを育毛シャンプーに変えれば、細胞を育てるアミノ酸や、頭皮の老化を防ぐ抗酸化成分、乾燥を防ぐ油膜など、発毛に必要な栄養素を補給することができます

帽子でハゲ予防!夏でも冬でも頭皮を守れるアイテム

季節によって発生しやすい頭皮トラブル、それは夏の紫外線や冬の乾燥。

頭皮は、太陽の強い紫外線、もしくは乾燥した外気にさらされると、保湿力が奪われてしまい荒れやすくなってしまいます。
帽子は、そんな頭皮荒れから引き起こされるハゲの前兆を防ぐのに、実は最適のアイテムなのです。

夏の強い紫外線から頭皮を守る

夏は頭皮が老化しやすい季節です。

真夏の太陽から降り注ぐ強い紫外線は、頭皮を老化させる、最も害のある存在です。
特に太陽が真上に来る時間帯に外出するのであれば、帽子を被ることをお勧めします。

帽子を被ることで、皮膚に紫外線が直接当るのを防ぐことができ、日焼けも予防できます。
ただし、長時間被りすぎると蒸れて雑菌が繁殖しやすくなりますので、適度に脱ぎながら調整するのがいいでしょう。

冬の乾燥と血行不良から頭皮を守る

冬は外気の湿度が低いため、頭皮を晒していると水分が奪われて乾燥しやすい季節です。

また、冷たい外気によって体が冷やされることで、血行不良を起こしやすい時期でもあります。

通常、毛穴から分泌される皮脂が皮膚を乾燥から守るのですが、この季節は汗をかきにくく皮脂の分泌も少なめ。

皮脂が足りなくなると、皮膚内部で蓄えられている水分が抜けてしまい、頭皮の乾燥を引き起こしてしまいます。

ですが、帽子を被ることで、皮膚から放出される体温と汗で、頭皮の湿度を適度に保つことができるのです。

このページの先頭へ