育毛にコンディショナーは必要?

コンディショナーの写真

コンディショナーの役割は、ダメージを受けた髪の毛を補修し、艶とハリを出すというもの。
含まれているシリコン成分が、髪の毛のたんぱく質を補い、パサつきがちな髪の毛をしっとりとまとめる効果があります。

質の良い成分が含まれた育毛シャンプーとワンセットで使うことで、よりたくましい髪の毛の発毛を促します。

しかし、コンディショナーの中には、頭皮にマイナスな影響を与える質の悪いものもあります。
それは一体どういうものなのか?選ばないほうがよいコンディショナーと、育毛に効果的なコンディショナーの違いについて、ここで説明したいと思います。

 シリコンが毛穴に詰まる!?コンディショナーの問題点

コンディショナーには、髪の毛を補修するコーティング剤が含まれています。
このコーティング剤には、髪の毛に艶とコシを与える効果があり、パサついた髪の毛の人に悩んでいる人や、男性の方にもぜひ使っていただきたい成分です。

しかし、このコーティング剤には問題があります。
質が悪いとその成分であるシリコンが毛穴を詰まらせてしまう恐れがあるのです。
毛穴が詰まると、当然毛髪が生えにくくなってしまいますから、その結果薄毛を引き起こしてしまいます。

ただ、コンディショナーの中には、育毛用として販売されているものがあり、それは育毛用に成分が調整されていますので、そのような心配はありません。
また、育毛コンディショナーには、髪の毛を補修する成分の他に、頭皮を健康にするための栄養成分が配合されています。

 育毛用コンディショナーに含まれる成分

ヒアルロン酸やコラーゲンは人間の体だけではなく、髪の毛にも必要な栄養素です。
この2つの成分は、頭皮や毛髪の水分を蓄えるための、次のような役割を果たしています。

育毛シャンプーにも含まれていることが多いですが、結局シャンプーは、頭皮の汚れを洗い落とすことが目的。
単品では頭皮への栄養補給が足りなくなってしまい効果は半減です。

そこで育毛コンディショナーを併用すると、必要な成分がしっかりと補給され、発毛サイクルを促進。健康的な頭皮環境を作ることが出来ます。

 男性も育毛コンディショナーを使用したほうがいいの?

男性はコンディショナーをほとんど使わないという人は、たくさんいらっしゃいます。
リンスで十分という意見で、コンディショナーのヌルヌルした感じが苦手な人が意外に多いのです。

しかし、男性こそコンディショナーを使って、髪の毛をいたわってあげることが大事だと思います。
男性のほうが女性よりも皮脂の分泌量が多く、短髪だとそれほどベタつきやフケが目立たないので、ケアが不足しており、意外にダメージを抱えている人が多いからです。

特にリンスも使わない、シャンプーだけで洗髪をおこなっている人は、フケが出る事がありませんか?
そのような人は、育毛用のシャンプーとコンディショナーで、早期の頭皮ケアをほどこしてあげることですね。

抜け毛や薄毛の症状が出る前に対策を施すことで、長年に渡って髪の毛のボリュームは十分保たれます。
早めは早めの対策は、とても大事なことだと思います。

ついやってしまう!間違ったシャンプー

ついやってしまう!間違ったシャンプー

このページの先頭へ