アトピー肌の方は育毛シャンプーの成分に注意

アトピーがある場合の育毛シャンプーの使用について

育毛シャンプーは、脱毛予防のために頭皮の血行促進を高める働きがあります。アルコールやとうがらし等の温める材料を使って、血行をよくする働きがあります。また、皮脂の分泌により、毛穴にたまった汚れのため、髪の毛が抜けやすくなることを考え、皮脂を溶解するのための成分が入っています。

洗浄力を高めるために、より汚れを落としやすい強い成分の原料が使われています。普通肌の方には問題がありません。むしろ、すっきりとした洗い上がりで満足感をおぼえ、さらに育毛効果があれば、一石二鳥でしょう。アルコールやとうがらし等の成分は、アトピー体質の人には、刺激になりかねないです。

かぶれて赤みをおびて、痛みを感じたりします。また、皮脂を溶かすための強い洗浄成分は、乾燥しがちなアトピーの肌にはさらなる乾燥を招きかねません。乾燥が余計にひどくなると、かゆみへの我慢ができなくなり、かき傷ができたり、肌荒れがひどくなるので、注意が必要です。

アトピー体質の人は、頭皮が乾燥していることが多いですが、脂っぽいと誤解することがあります。頭皮の乾燥を改善するために、毛根では大量に皮脂を分泌している場合があります。

育毛シャンプーは血行促進効果や皮脂を溶かす効果が得られるように、アルコール等、アトピー肌には刺激が強いと思われる成分を含んでいます。毛根内部に入り込むと、炎症を起こし、アトピーを引き起こさせたり、悪化させ、さらに頭皮の乾燥も進みます。そうなると、毛根が弱り、脱毛が進んでしまいます。特に頭皮や毛根が真っ赤にただれた状態でしたら、専門医に相談した方が良いでしょう。まず、頭皮と毛根の状態を改善させるのが一番です。

改善することができたら、皮膚科医処方の育毛シャンプーを使うか、成分表示を確かめてみたり、腕の目立たない所に使用前に、育毛シャンプーを薄く塗ってパッチテストをしたりして、問題がないかどうか確認する必要があります。

    
サブコンテンツ

効果の高い育毛シャンプーを比較!

このページの先頭へ