頭皮環境を悪化させる紫外線の影響とは?

頭皮は紫外線の影響を受けやすい!紫外線ダメージを未然に防いで薄毛対策!

日中の大量に降り注ぐ紫外線は、頭皮を傷めて老化を促進させる原因のひとつです。

紫外線により老化した細胞や毛根は発毛機能が低下し、その結果、抜け毛や薄毛などの症状を引き起こしてしまいます。

では、日差しが強く紫外線が気になる日の外出は、どのような対策を心がけたらよいのか? また帰宅時にできる紫外線によるダメージを緩和する頭皮ケア方法とは?

ここでは、そんな紫外線がもたらす頭皮への悪影響を緩和するために心がける、紫外線予防および頭皮ケアについて取り上げてみたいと思います。

頭皮は紫外線のダメージを一番受けやすい

頭皮は体の最も高い位置にあり、直射日光をまともに受けてしまうため、紫外線の影響が特に表れやすい場所です。
その紫外線は、時に皮膚の表面を貫通して皮膚内部にまで浸透してきます。

通常は皮脂膜が皮膚を保護するコーティング剤の役割を担っています。
しかし、なんらかの影響で皮膚が乾燥すると、皮膚を覆う保護がなくなり、表面を貫通して内部にまで紫外線の影響が及んでしまいます。

特に正午から日中にかけての一番日差しが強い時間帯は、紫外線による頭皮の炎症が起こりやすく、ケアをせずにそのままにしておくと毛根にまでダメージが浸透してしまいます
できるだけ直射日光を浴びないようにする工夫と、頭皮ケアが必要だといえるでしょう。

日差しが強い日は紫外線をシャットアウトするアイテムを使用!

日差しが強い時間帯の外出は、紫外線をシャットアウトするために、日傘をさしたり、通気性のよい帽子をかぶることをお勧めします

帽子は、頭皮に紫外線が直接あたるのを防ぐことができる効果的なアイテムです。
ただし、長時間かぶりすぎると蒸れてしまい抜け毛を引き起こす恐れがありますので、定期的に脱いでタオルで汗を拭きとるなど、かぶりっぱなしには注意しましょう。

また、帽子をかぶるのが嫌な人は、頭皮に吹き付けるタイプの紫外線カットスプレーも市販されています。
価格はメーカーによって違いますが、大体2000円前後で購入できます。

これらの紫外線防止アイテムを上手に活用して、頭皮のダメージをできるだけ軽減する工夫をしていきましょう。

紫外線による皮膚の炎症を抑えるシャンプー&コンディショナーで頭皮ケア

紫外線を浴び続けた頭皮は、軽い火傷のような炎症を引き起こしている場合があります。

炎症を放置していると乾燥肌や皮膚の荒れを引き起こす恐れがあります。

また、紫外線は髪の毛にもダメージを与えて保水力を奪い、パサつく傷んだ毛髪に変えてしまいます。

☆頭皮ケアもできる育毛シャンプー&コンディショナー

育毛シャンプーには、頭皮の炎症を抑える「グリチルリチン酸2k」が含有されています。
炎症によるかゆみを鎮める作用が期待でき、かきむしることによってできるフケを抑えます。
また育毛用コンディショナーには、傷んだ髪の毛に保湿力を与える成分「ヒアルロン酸」「コラーゲン」が多く含まれています。これは、頭皮の貯水力を向上させ、乾燥しにくい皮膚の生成を促してくれるのです。

まず帰宅時は、炎症を起こした頭皮を冷たい水でクールダウンすることをお勧めします。
熱いお湯でいきなり洗うと、頭皮の炎症が悪化してしまうので注意が必要です。

冷やした後は、ぬるめのお湯でシャンプーをし、こびりついた汚れや皮脂を洗い流すと頭皮を綺麗に洗うことができます。

仕上げには、ヘアケア用のコンディショナーを使い、失われた水分や栄養を補修してあげると効果的です。

>>紫外線に強い皮脂を促進する育毛シャンプーはこちら

このページの先頭へ