頭皮の汚れは薄毛の原因になる!その理由とは?

薄毛解消へ!育毛シャンプーを徹底比較!

薄毛予防で大事なことは、頭皮の汚れをきちんと落とし、清潔な皮膚の状態を保つこと。

一見、誰でもそんなことはわかっている!と思われるかもしれませんが、意外に実行できていないのが、正しい頭皮の洗浄とケアなのです。

そもそも、なぜ頭皮が汚れると薄毛になりやすいのか?
ここでは、その理由と育毛理論について、お話したいと思います。

ほとんどの人が頭皮の汚れをきちんと洗えていない

実は、多くの人が髪の毛を綺麗に洗うことを意識するばかりで、頭皮を綺麗に洗浄できていません

髪の毛についた汚れは、お湯ですすいであげるだけでも普通に落ちていきますので入念さは必要なく、むしろ繊維を痛めてパサつきを生じさせてしまうのです。

それとは違って汚れや劣化した余分な皮脂は、そのほとんどが頭皮に滞留しています。
この頭皮の汚れこそ、くまなく入念に洗ってあげることが大事!

特に洗い残ししやすいのが頭頂部と、前髪の部分。
この2つの箇所は、シャンプーしても意外に頭皮の汚れが落ちていない人が多いのです。
薄毛になるのは、この2つの箇所からというケースが目立つのも、洗い残しが原因のひとつなのかもしれません。

頭皮の汚れと皮膚常在菌の関係

頭皮が汚れてしまうと、常在菌の数が爆発的に増え、炎症やかゆみなどの頭皮トラブルを招いてしまうことに!

頭皮の常在菌には、表皮ブドウ球菌のような免疫力を高めてくれる善玉菌と、病原体と呼ばれるカビや黄色ブドウ球菌のような悪玉菌の2種類があります。
バランスが取れているときは、善玉菌と悪玉菌が上手に牽制し合って、数のバランスが保たれています。
しかし、頭皮がフケや余分な皮脂で汚れてしまうと、善玉菌と悪玉菌のバランスが乱れ、頭皮が荒れた状態になってしまうのです。

例えば、長時間頭を洗わないでいると、かゆくなってしまいます。

これは、余分な皮脂やフケが頭皮に溜まることで、常在菌の数が増え、皮膚に軽度な炎症が起きているからなのです。

頭皮の汚れと薄毛、改善は体の内側と外側の両方で対策を!

ここまでにお話したように薄毛の対策には、頭皮の汚れを取り、常在菌が活動しやすいほどよい皮膚の状態を保つことが大事

ただ、発毛を促すためには、外側の環境を整えるだけではなく、体の内側を改善することも重要なポイントです。

体の内側からは発毛を促すには、食生活の見直し、十分な睡眠、スケジュールに沿った規則正しい生活を実施するなど、基本的なことを行うのが一番の近道。
その結果、内側からも発毛を促し、健康な髪の毛を生やすことに繋がるのです。

逆に、規則正しい生活ができなければ、どんな育毛シャンプーを使っても、あまり効果は得られないとも言えます。

あくまでも育毛シャンプーは、頭皮の汚れを落とし、発毛のための環境を整えることが役割なのです。

>>頭皮環境を整える最適な育毛シャンプーはこちら

このページの先頭へ