タバコはなぜ薄毛を引き起こすの?

アルコールと薄毛の関係性について<br />

タバコがなぜ抜け毛を増やし薄毛を進行させてしまうのかというと、それはタバコに含まれているニコチンの「血管への作用」「神経への作用」が関係していると考えられています。

タバコの主成分であるニコチンは、本来タバコの葉っぱに含まれている成分。

その天然成分が体にどのような作用をもたらし、薄毛を引き起こすのか?以下でその作用を説明していきます。

頭皮の血行不良を引き起こす

タバコに含まれているニコチンには、血管を収縮させる働きがあります。

そのため、タバコを吸っている人の頭皮にある毛細血管は、細くなってしまっている恐れがあるのです。

血管が細くなると血流が悪くなり、血行不良が引き起こされます
血液中には頭皮に必要な栄養分が含まれているので、頭皮に行き渡らなくなると髪の毛が育たなくなってしまうのです。

中枢神経や末端神経を刺激する

タバコのニコチンは、中枢神経や末端神経を刺激して、活発化させます。
喫煙者なら分かると思いますが、タバコを吸うと目が覚めるのはそのせいです。

神経が活発化すると、皮脂の分泌が増え、頭皮がベタつくようになります

これも血行不良と同じくタバコが薄毛を引き起こすひとつの原因です。

タバコによって活性酸素が増加!そして細胞が損傷する

タバコは、体内に活性酸素を発生させます。
活性酸素は、体の細胞を老化させ、頭皮の細胞に発毛障害などの深刻なダメージを与える恐れがあるのです。

タバコをやめて薄毛を予防するには?

アルコールと薄毛の関係性について1<br />

タバコが薄毛を引き起こす弊害はこの他にも、代謝の低下を引き起こし細胞分裂が遅れて、頭皮の老化を進行させます。

できることなら禁煙したいけれど何度チャレンジしてもやめられないという人は、以下の考え方で禁煙に挑むといいかもしれません。

禁煙は慣れ!失敗しながら禁煙期間を延ばす

これは、何度も失敗しながらやめる期間を延ばしていくという考え方です。

1度の失敗で挫折するのではなく、スポーツのように記録更新を目指して、禁煙する期間を長くしていきます

まずいタバコに代える!?

味がまずい!タールやニコチンが少ない!などの普段吸わないまずいと思えるタバコに代えることで、依存度を減らします

タバコはニコチンによる依存だけではなく、習慣によって吸いたくなるケースのほうが多いといいます。

まずいタバコに代えれば、少しずつ吸う機会を減らすことができるかもしれません。

減煙という考え方も間違いではない

全くやめてしまうのではなく、少しずつタバコの量を減らしていくという考え方です。

もちろん吸わないほうがいいのですが、減らすことで、禁煙に対する意識が持続します。

薄毛の症状を促進させるタバコは、できるだけやめるよう努力することが大事です。

もしやめることが出来れば、これまで脂でベトベトだった髪の毛が驚くべき改善を見せることでしょう。

>>頭皮のベタつきを解消できる育毛シャンプーはこちら

このページの先頭へ