ストレスがもたらす頭皮への悪影響とは?

ストレスが薄毛を引き起こすプロセス

頭皮は、ストレスの影響を受けやすい敏感な器官だといえます。
よく「悩むと禿げる」という冗談めいた言葉がありますが、このことは冗談ではなく、精神的ストレスは薄毛を引き起こしてしまうと考えられています。

ストレスが髪の毛に悪いということは、誰しもなんとなくわかっている事なのですが、どのようなしくみで薄毛が引き起こされてしまうのかを分かっている方は少ないのではないでしょうか?

このページでは、そんなストレスと薄毛の関係性について取り上げています。

ストレスによる血行不良が薄毛を引き起こす

人間の体にある自律神経は、体の機能を調整する働きがあります。

ストレスはこの自律神経を刺激し、アドレナリンを分泌させます。このアドレナリンには血管を収縮してしまう作用があります。

血管が収縮すると、頭皮に栄養を運んでいる血液の流れも少なくなり、その結果
発毛が阻害されるというしくみです。

ストレスが多いと禿げるというのは、このような人体の作用が引き起こすものだと考えられています。

睡眠不足による毛髪の成長阻害も薄毛の原因


睡眠している時は、もっとも毛母細胞に栄養が行き渡り、細胞の成長が促進されやすい時間帯
です。

夜更かしや、睡眠時間がバラバラだと、毛母細胞が成長できるタイミングを逃がしてしまい、その結果薄毛を発症してしまいます。

すぐに髪の毛に影響があるというわけではないのですが、次第に毛髪自体が細くなっていき、細くて短い抜け毛が目立つようになります。

また、夜更かしは頭皮の皮脂を過剰分泌させる原因のひとつです。
皮脂の過剰分泌は、悪玉菌の増殖を促し、頭皮トラブルを招いてしまいます。
まず生活習慣から改善して、薄毛になるリスクを減らしていくことが大事です。

簡単なストレス解消法!薄毛予防のための運動を始めよう!

運動は、薄毛の原因となるストレスの解消に最も適しています。
なぜなら、運動をすることによって、ストレスを軽減する働きがあるセロトニンというホルモンの分泌が盛んになるからです。
特に、ジョギングやウォーキングといった有酸素運動は、脳に効率よく酸素を取り込めるため、気分をリフレッシュする効果があります。
ただ、自分の能力を過信して無理をしてしまうと、疲労が溜まり逆効果となってしまいます。以下でストレス発散に最適な運動の基準を紹介していきますので、参考にしてください。

とにかく疲れない程度のペースを保つことが大事!

人間の体にある自律神経は、体の機能を調整する働きがあります。

疲労が溜まってしまうと、体の調子を崩しやすくなるオーバーワークという症状を招きやすくなります。
そのため、適度な運動のペースは、疲労が残らない程度の量を週1回程度です。
例えばウォーキングなら、5分でも10分でもいいのです。このペースなら、忙しい人でも実行が可能だと思います。
たったそれだけの運動でも、セロトニンの分泌が活性化され、ストレスは軽減されます。

☆運動に義務感をもたないこと!

無理に「運動をしないと!」と感じていると、それがまた苦痛になりストレスとなります。
疲れたら休む程度の気構えで、行うことが大事です。
ストレスを感じて気分が落ち込んだ時に、ちょっと運動をするだけでも、解消につながりますので、気軽に取り組みましょう。

>>頭皮ストレスに効果的な育毛シャンプーはこちら

このページの先頭へ