睡眠不足が薄毛の原因に!

睡眠不足は薄毛を招く!その関係性とは!?

頭皮周辺の細胞は、規則正しく十分な睡眠を確保することで、正常な細胞分裂が行われやすくなります
細胞分裂が活発になることで、頭皮が常に新しい状態に生まれ変わり、元気な毛髪が生えやすい状態になります。

では、頭皮の細胞分裂をより活性化させる、理想的な睡眠の時間帯というのをご存知でしょうか?

その時間帯は「ゴールデンタイム」と呼ばれています。

重要なのは、毎日7~8時間の睡眠時間を確保し、同じ時間帯に眠ること。
また、発毛を促すこのゴールデンタイムにしっかりと睡眠をとるということです。

以下では、そんな睡眠と薄毛予防に関する知識とゴールデンタイムとはどの時間帯なのか?について取り上げていきます。

夜更かしが皮脂を過剰分泌させる

夜更かしをしていると、髪の毛が異常に脂っぽくなってしまうという経験をしたことはないでしょうか?

髪の毛に触ると、手にべっとりつくテカテカの脂・・・。これは皮脂の過剰分泌によるものです。

皮脂は、起きて活動をしている時こそ、多く分泌され続けています。

これは、夜更かしすることによって増える男性ホルモンが影響していると考えられています。

そのため、深夜~早朝に起きて活動をしていると、その時間の分だけ皮脂が分泌され、頭皮に蓄積してしまうことになります。
これが、夜更かしをすると、髪の毛がベタついてしまう理由です。

夜22時までに就寝するのが理想的

細胞が活性化しやすいゴールデンタイムは、夜22時~深夜2時までの間といわれています。

この時間帯は、破壊された細胞が新たに再生されて生まれ変わりやすい時間帯なのです。

人間の細胞は、頭皮だけに限らず、皮膚や臓器、筋肉など、全ての細胞が古いものから新しいものへと生まれ変わっています。

細胞が生まれ変わるタイミングは睡眠による休養をとった時であり、このゴールデンタイムは、最も効果的に細胞分裂がおこなわれる時間帯だと考えられています。

睡眠前に髪の栄養を補給して薄毛を予防しよう!

睡眠だけでは、十分な発毛環境が整っているとはいえません。
頭皮や髪の毛を育てるには、発毛に必要な栄養を補給しなくてはならないからです。

頭皮や髪の毛に栄養を補給するには、育毛シャンプー・コンディショナーを使うといいでしょう。
通常のシャンプーと違って、育毛シャンプーには、髪の毛を構成するコラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸など必要な栄養素が豊富に含まれています。

ここで紹介したゴールデンタイムの前に育毛シャンプーを使うことで、それらの栄養素が効率よく補給され、薄毛予防の効果を期待できるようになります。

>>12種類の必須アミノ酸配合した育毛シャンプーはこちら

このページの先頭へ