薄毛を招く食生活とは?

薄毛解消へ!育毛シャンプーを徹底比較!

健康的な髪の毛を生やすには、たんぱく質、脂質、糖質の3大栄養素に加え、鉄分やビタミン類などのミネラル成分を、バランスよく摂取することが大事です。

近年の私たちの食生活は、忙しい時に食べるコンビニのおにぎりや、カップラーメン、ハンバーガーなど、炭水化物と脂質を過剰に摂取する傾向にあります。

これらの即席フードは、手軽にお腹を満たすのには適していますが、発毛に必要な肝心の栄養素である「必須アミノ酸、ビタミン類、ミネラル」がほとんど含まれていません。

そのような食生活が続くと、頭皮が栄養失調の状態に陥り、髪の毛に十分な栄養が行き渡らず、細く抜けやすい髪の毛が生えてしまうようになるのです。

薄毛は頭皮の栄養不足からはじまる

発毛を担う頭皮の細胞は日々生まれ変わっており、新しい細胞を生成するためには、十分な栄養を与えてあげる必要があります。
髪の毛を生やすための栄養が頭皮に不足してしまうと、細くて抜けやすい栄養失調の髪の毛が生えてくるようになり、薄毛へと進行してしまうのです。

そんな頭皮や髪の毛に栄養を与えるには、以下の2つの方法しかありません。

・育毛用のシャンプーやコンディショナーで、頭皮に直接栄養を与える。

・食事により、頭皮細胞に必要な栄養を補給する。

この2つをバランスよく実施することで、発毛環境が整い、太くて強い髪の毛が生まれるのです。

頭皮に必要な栄養素とは?

アミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸の最低3種類は、毎日頭皮に送り続けたい栄養素です。

アミノ酸は、細胞の元となる物質であり、これが足りなくなっては、毛髪自体が生えなくなります。

コラーゲンは、細胞同士をつなぐ接着剤の役割をしており、これが失われると、保水力が低下してしまい、細胞の力が弱まります。
そして、ヒアルロン酸は、水分を蓄える貯蔵庫の役割を果たしている物質です。

この他にも、皮膚の免疫を向上させるビタミンも必要な要素のひとつ。

優れた育毛シャンプーには、これらの成分がバランスよく配合されていますが、食事によって栄養素を補給することで相乗効果が得られます

薄毛を防ぐ食生活!元気な髪を生やす食べ物「大豆食品」

薄毛予防・改善に効果的な食生活は、頭皮に必要な栄養素が含まれた食材を摂取することです。

そこで注目したいのが、女性ホルモンに近い成分を補給することによってもたらされる発毛効果です。

そのような効果のある食材は一般の家庭でも簡単に手に入る「大豆食品」です。
大豆は、頭皮や髪の毛を構成するアミノ酸を多く含んでおり、栄養価がとても高いのが特徴です。

そんな大豆の中には、大豆イソフラボンという物質も多く含まれています。
この物質は女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをしていることが証明されていて、薄毛を引き起こす男性ホルモンの影響を弱める効果があるそうです。

また、大豆ペプチドといわれる物質も同時に活躍。

この物質は、脳の疲労回復作用を早め、ストレスを軽減することから、薄毛予防に効果的だと考えられています。

この大豆イソフラボンや大豆ペプチドが含まれている育毛シャンプーや育毛コンディショナーも販売されていますので、使ってみてはいかがでしょうか。

>>大豆イソフラボンを豊富に含む育毛シャンプーはこちら

このページの先頭へ