自分の頭皮にあわないシャンプーが薄毛を引き起こす!

合わないシャンプーが薄毛を引き起こす!

「シャンプーはどれでも一緒!」という考え方でシャンプーを選んでいる人は要注意!

使用するシャンプーで、頭皮の環境は全然違ったものになるのです。

ただ、数多くのシャンプーが販売されているので、一体どれを選べばいいのか悩んでいる方も多いと思います。

そこで、お勧めしたいシャンプーは、「植物性由来成分配合」の育毛シャンプーです。

以下では、その植物性由来成分が頭皮にとってどのようなメリットがあるのかを解説しています。

植物アミノ酸系洗浄成分とは?

植物性アミノ酸洗浄成分は、洗浄成分に石油系のものを使わずに、植物性アミノ酸を主体とした界面活性剤を使用しています。

人間の皮膚は、通常弱酸性の状態が保たれることで、雑菌の繁殖が抑えられています
この植物性アミノ酸洗浄成分は、皮膚に近い弱酸性の成分です。
石油系界面活性剤と違って、皮膚をアルカリ性に偏らすことなく洗浄ができるため、肌を傷めない成分として、優れた育毛シャンプーに配合されています。
※皮膚がアルカリ性に偏ると、雑菌が繁殖しやすい環境になります。

植物性オイルで保湿力アップ

オリーブオイルなど植物性由来の油分が、頭皮のバリア機能を高めてくれます

頭皮は、通常毛穴から分泌される皮脂によって保護膜を作ります。

しかし、正常ではなくなった皮膚は、皮脂をバランスよく分泌できなくなり、「部分乾燥」という現象があらわれ始めます。
頭皮が部分的に乾燥することによって、乾燥したところに雑菌が侵入しやすくなり、ダメージが広がっていきます。

植物性オイルは、部分乾燥をカバーすることで、そのような症状の改善を促し、健康な頭皮環境を維持してくれるのです。

頭皮を傷めずに洗うのが育毛シャンプーの利点

天然成分で洗い流すことで、頭皮にダメージを与えることなく綺麗に洗浄することができます。

優れた育毛シャンプーは、洗浄力ばかりに注目しているのではなく、頭皮を優しくいたわることにも着眼しているのです。

フケ・かゆみがあらわれるのはシャンプーが合わないから

フケやかゆみは、頭皮に合わないシャンプーを使っていることが原因となっていることがあります。

配合成分の刺激が強すぎると頭皮の乾燥を招き、フケやかゆみが発生します。

このフケやかゆみは、シャンプーを代えると症状が緩和される場合もあります。

もうひとつは、シャンプーのやり方が間違っているというケースもありますので、以下でシャンプー時の注意点を説明しています。

シャンプーのやりすぎで頭皮は乾燥する!?

頭皮のベタつきを気にして1度に何回もシャンプーをすると、頭皮を乾燥させてしまう原因になります。

その理由は、過度な洗浄によって必要な皮脂まで落としてしまっているからです。

皮脂は頭皮にとって細菌や乾燥から守るために必要なものなので、洗髪は1度に1回にしておきましょう。

ドライヤーをかけないと頭皮は乾燥する!?

ドライヤーをかけずにそのままにしてしまうと、残った水分が蒸発して、そのときに皮膚や髪の毛の水分まで奪われてしまいます

ですから、お風呂上りのドライヤーは必ずかけるようにしましょう。

また、ドライヤーをかけることで、水分を飛ばして雑菌の繁殖を防ぐ効果があります。
薄毛の予防につながりますので、ドライヤーは忘れずにかけるようにしましょう。

>>植物性由来で低刺激のシャンプーはこちら

このページの先頭へ