間違った頭皮ケア方法は薄毛を引き起こす!?

正しい頭皮ケア方法を知って、薄毛を徹底予防!

ベタベタした髪の毛や、フケやかゆみなどの頭皮トラブル・・・。

これらの症状は、特に汗をかきやすい時期や徹夜や運動後に、頭皮を綺麗にせずにそのまま放置することで発生しやすくなります。
特に脂性肌の人は、フケやベタつきがあらわれやすく、とにかく症状を改善したいがために、自己流で頭皮ケアを実施しているケースがあります。

しかし、実はその自己流の頭皮ケアが間違っており、余計に症状を悪化させているかもしれません。

ここでは、そんなよくある間違った頭皮ケアの方法を紹介します。
それによって引き起こす恐れがある頭皮トラブルとは何か?また、本当の意味で正しい頭皮ケア方法について解説したいと思います。

シャンプーの2度洗いで皮脂を徹底的に落とす

シャンプーの2度洗いは脂性肌の人には特に多い行為です。これは一見頭皮の脂を徹底洗浄でき、清潔に保つことで髪の毛に良いように感じますが、実はその逆です。

シャンプーに含まれる洗浄成分はたびたび洗うと、余分な皮脂だけではなく必要な皮脂までも落としてしまいます。

そもそも皮脂は、本来皮膚を紫外線やウイルスから守る保護膜の役割を担っています。
そのため、二度洗いで皮脂を落としすぎると、皮膚が丸裸になってしまい、それをカバーしようと角質層の働きが活発化したり、皮脂の過剰分泌を招いてしまいます

角質層の働きが活発化すると、かゆみを伴ったフケが発生しやすい頭皮になってしまうのです。

シャンプーは、1度に1回、短時間で洗い流すようにするのが理想的だといえます。

シャンプーの時に髪の毛を念入りにゴシゴシ洗う

洗髪時にシャンプーを使って髪の毛を念入りに洗う人がいますが、これもNGです!

髪の毛をシャンプーでゴシゴシ洗うと、繊維が傷んでしまい、パサついて切れやすく弱い毛になってしまいます。

洗髪する時には、髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うことを意識してください。
特に毛穴に詰まった汚れや皮脂は、意識して洗わないと洗い残してしまいます。

爪を立てずに指の腹でマッサージをするように毛穴を磨いてあげると、清潔な頭皮を保つことができますので、実施してみてください。

コンディショナーをあえて使わない

コンディショナーのヌルつきが嫌だったり使用感がだったりする場合、シャンプーのみを使用して洗髪を終える人もいます。

コンディショナーは本来、傷んだ髪の毛を配合成分によって補修し頭皮に栄養を与えるのが目的です。

使用しないと、頭皮に十分な栄養が補給されず、発毛が促されません。

シャンプーの後は、必ずコンディショナーで髪の毛と頭皮に十分な栄養を与えてあげましょう。

(※ただし、コンディショナーは育毛専用のものを使ってください。質の悪いコンディショナーだと、シリコンで頭皮の毛穴が詰まる恐れがあるので気をつけましょう。)

>>コンディショナー無しで、栄養を補給できる育毛シャンプーはこちら

このページの先頭へ