アルコールの飲みすぎは薄毛を引き起こす!?

アルコールと薄毛の関係性について<br />

昔からお酒は百薬の長と呼ばれていて、適度な量を嗜む程度ならストレス解消になり、体にもいいといわれているのですが・・・

適量のアルコール摂取は、緊張を緩和し血行を促進することから、リラックス作用があります。

ストレスも薄毛を引き起こす要因のひとつですので、アルコールを飲むことで解消されるのならばいいことではないか?と思うかもしれません。

しかし、アルコールの摂取には、薄毛を引き起こす要因がいくつか潜んでいるのです。
では、その要因とは一体なんなのでしょうか?

ここでは、そんなアルコールと薄毛の関係性について取り上げてみたいと思います。

アルコールによって増えるジヒドロテストステロン

アルコールを摂取すると、体内で分泌される男性ホルモンの一種ジヒドロテストステロンの量が増加するといわれています。
このジヒドロテストステロンは、薄毛を引き起こす原因となる物質で、体の成長に影響するテストステロンという男性ホルモンが、還元酵素によって変化したものです。

AGA治療でも、このジヒドロテストステロンの生成を抑える目的のお薬が処方されています。

それだけ薄毛と関連性が深いホルモン物質ということもあり、飲酒によりその分泌量が増えるということは、それだけ薄毛につながっていくと考えることができるでしょう。お酒を飲む習慣がある人は、禁酒も考えなければいけないかもしれません。

アルコールによるビタミンB群の大量消費も薄毛の原因に!

アルコール摂取によって起きるもう一つの問題は、「ビタミンB群」を大量に消費してしまうことです。
ビタミンB群は、髪の毛が作られる際に必要となる物質のひとつで、果物などに多く含まれている栄養素です。
じつは、体内に摂取されたアルコールを分解する際、このビタミンB群が大量に消費されてしまいます。

また、ビタミンB群の他に、髪の毛の元となるアミノ酸も大量に消費されてしまうのです。

これらの栄養素が体から失われてしまうと、当然髪の毛にまで栄養が行き渡らないので結果的に薄毛を引き起こしてしまいます。
薄毛予防に必要な栄養が飲酒によって消費されてしまうことは、深刻な問題だといえるでしょう。

アルコールは皮脂の過剰分泌をもたらす!

アルコールを摂取することで、脂肪を分解する肝臓の働きがアルコールの分解に回されます。

すると、余った脂肪分が毛穴から皮脂として過剰に排出されるようになります。これが脂性肌になるしくみのひとつです。

皮脂が増えると、毛穴が脂で詰まりやすくなり、抜け毛や薄毛などの発毛障害を引き起こす恐れがあります。
また残留した皮脂がかゆみやフケを発生させる原因にもなり、頭皮環境はどんどん悪化していきます。

このように、一見飲酒は、リラックス作用があり発毛を促進するので、効果的な行為のように思われがちですが、実はそうではないということです。
薄毛が気になる人は、禁酒をするか、飲む機会や量を減らす努力が必要だといえるでしょう。

>>頭皮ストレスを解消できる育毛シャンプーはこちら

このページの先頭へ