薄毛の原因とメカニズムを解明!

育毛マニュアル

薄毛は頭皮ストレスが原因となって発症されます。頭皮ストレスは、皮膚の保湿力低下による、「乾燥」をもたらします。

頭皮は乾燥すると、皮脂を過剰に分泌しはじめます。それは、皮膚表面を守る保護膜を補うための自然な作用なのですが・・・。

皮脂の分泌が過剰化されると、
以下で説明するような悪玉菌の繁殖による、「かゆみ」、「炎症」、「抜け毛」などの頭皮トラブルが、引き起こされる恐れがあります。

●抗酸化作用成分で頭皮の老化を予防

悩む男性

皮脂や汗は、雑菌の餌になる物質です

皮脂が正常に分泌されている時は、頭皮に生息している常在菌のバランスが適度に保たれているのですが、皮脂が過剰分泌されることで、悪玉菌が大量に繁殖してしまい、善玉菌と悪玉菌の保菌バランスが崩れてしまいます。

※人間の皮膚には、善玉菌と悪玉菌が共存しており、お互いが牽制しながらバランスを摂り、正常な頭皮環境が保たれています。

保菌バランスが崩れてしまった状態になると、頭皮の水分が菌に取られてしまい、ますます乾燥肌が悪化してしまいます。

●乾燥肌が悪化するとフケが発生する

髪が気になる男性

乾燥肌が悪化すると、頭皮の角質化が進行します。

角質はフケの元となる物質で、爪などで頭をかいてしまうことで、剥がれていき、白い粉状になって頭皮に残留します。

このフケは、カビやダニなどの格好の餌になり、頭皮にそれらの微生物が大量に繁殖してしまうのです。

●抗酸化作用成分で頭皮の老化を予防

頭皮マッサージをする男性

悪玉菌やダニが増えると、毛穴にそれが入り込んでしまうリスクが増加してしまいます。

それにより、皮膚が炎症を起こし、皮下細胞までダメージが浸潤すると毛根周辺の細胞が破壊されてしまう恐れがあるのです。

毛根には、発毛機能を担っている毛母細胞や毛乳頭などの重要な器官があり、それらの機能が失われると、髪の毛が発毛されなくなってしまいます。

薄毛の根本的な原因は生活習慣にある!

薄毛の最大の原因は、毎日の生活習慣にあります。
寝不足や精神的なストレスは、自律神経の乱調を招き、皮脂の分泌量を増加させてしまいます。

忙しい人の中には、そのような頭皮の状態を放置してしまい、その結果知らない間に髪の毛が細くなり、抜け毛が増加していきます。

以下のような生活習慣に心当たりがある人は注意して、早期の生活環境改善を目指しましょう。

●生活リズムが不規則

夜更かしする男性

生活リズムが乱れてしまうと、交感神経が活発に働き、皮脂が過剰に分泌されやすくなります。

人間の体には体内時計があり、毎日一定のリズムを刻みながら私たちの生活に「習慣性」というものを作ります。
この習慣が常に崩れてしまうような不規則な生活をしていると、頭皮細胞が休養をとることができず、皮脂が常に分泌され続けます。

特に寝る時間帯が日によってバラバラの人は、その傾向が強いので注意をしましょう!

●タバコを吸っている

タバコを吸う男性

タバコに含まれているニコチンには、血管を細くする作用があります。

そのため、頭皮の血流を阻害し、毛根や髪の毛に栄養が行き渡りにくい状態にしてしまうのです。

また、タバコは皮膚を乾燥させてしまうことから、皮脂の分泌を過剰化させます。

●頭を毎日寝る前に洗わない

頭を乾かす男性

夜の入浴が面倒くさくて、その日1日の汚れや皮脂、汗を洗い流さずに寝てしまうケース。
毛穴に汚れが詰まったまま寝てしまうと、就寝中に起こる頭皮の細胞分裂を阻害してしまうことになるのです。

頭皮の細胞は日々生まれ変わることで、正常に機能し、健康な髪の毛を発毛します。
汚れた頭皮のまま眠ることは、皮膚呼吸を阻害し、正常なターンオーバーがおこなわれなくなってしまう現象を引き起こします。

薄毛の原因要素を無くし、丈夫な髪の毛の発毛を促そう!

指さす女性

このページで紹介した薄毛の原因となる要素は、心がけ次第で代えていくことができる内容です。
ご自身に当てはまる項目があれば、一つずつ改善していく努力が必要です。

特に、寝る前に行うシャンプーには、頭皮に付着した汚れを洗い流しクリアな状態にすることで、細胞分裂を活性化させる目的があります。絶対にさぼらないようにしましょう。

※全体を通して薄毛の原因は「皮脂の過剰分泌」にあると訴えていると思いますので、

■薄毛の最大の原因は頭皮の皮脂が過剰分泌されること
・過剰分泌→薄毛になるメカニズム
・なぜ過剰分泌が起こるのか?
という流れがスムーズかと思いますがいかがでしょうか?

このページの先頭へ