おすすめできる育毛シャンプーのポイントは
「頭皮環境の改善効果」にあり!

育毛ケアのためのシャンプーを選ぶ際に見るべきポイントは「安全な低刺激洗浄」「頭皮の老化予防」、「炎症を抑える」「保湿性を高める」ことです。
以下では、なぜこの4つが重要なのかについて詳しく解説していきます。

選ぶポイント どんな育毛シャンプーが良いの?

●抗酸化作用成分で頭皮の老化を予防

poit1

抗酸化作用のある成分は、ワインなどに含まれているポリフェノールやビタミンEです。
育毛シャンプーにも、これらの成分が配合されているものがあり、頭皮の老化を抑制して、頭皮の若さを保つ効果があります。
抗酸化成分は、体内で発生する「活性酸素」を中和して、皮膚の老化の原因になる過酸化脂質の発生を防ぎます。
この活性酸素とは、いわばエネルギーの燃えカスのような存在で、体にウイルスや細菌が侵入するのを防ぐ働きがありますが、その殆どが悪玉。 この悪玉の作用が細胞にダメージを与え、細胞分裂が追いつかなくなることで、皮膚は少しずつ老化していってしまいます。
そのような作用を抑制するのが抗酸化成分であるため、育毛シャンプーを選ぶ際には、その成分が含まれたものを選ぶといいでしょう。

●植物アミノ酸系洗浄成分は洗髪時の頭皮への刺激を抑える

poit2

アミノ酸系洗浄成分は、頭皮のたんぱく質成分と非常に近い構造をしており、頭皮や髪の毛を傷めずに洗浄できるのが特徴的。
例えば、ヤシ油脂肪酸とアルギニンという物質を中和してできるのが、ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸kと呼ばれるアミノ酸洗浄成分の一種。

この成分には、石油系界面活性剤のようなタンパク変性作用がなく、皮膚にとって刺激が少ないのが優れた点です。
そのタンパク変性作用とは、いわばタンパク質を破壊する作用のこと。
皮膚の細胞は、皮膚の保湿やハリを維持するコラーゲンや角質や毛髪を形成するケラチンなどが結合することで構成されています。
しかし、タンパク変性作用のある石油系界面活性剤は、これらの成分の結合を切断してしまう働きがあるのです。
症状で言うと、皮膚炎やかぶれ、湿疹などが代表的であり、頭皮環境の悪化を招く恐れがあります。
植物アミノ酸系の洗浄成分が配合された育毛シャンプーには、このようなデメリットはなく、頭皮にダメージを与えずに汚れを落とすことができるのです。

●抗炎症成分が頭皮の炎症を抑え、発毛しやすい頭皮を作る

poit3

頭皮の炎症を抑えるために育毛シャンプーに配合されるのが、グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)や、虫刺されや花粉症の目薬にも使われている抗ヒスタミン剤(ジフェンヒドラミン)などです。
これらの抗炎症成分は、育毛シャンプーだけではなく、お肌につける基礎化粧品などにも配合されています。では、なぜ育毛シャンプーや美容化粧品には、このような薬効成分の配合が必要なのでしょうか?
その理由は、皮膚を健康に保つためには、敏感肌による皮膚の腫れを鎮めなければならないということがいえるからです。
皮膚は、保湿力が失われて乾燥することで、皮膚が持つバリア機能が低下してしまいます。
そうなると、皮膚は無防備になり、少しの刺激で炎症があらわれる敏感肌を引き起こします。その症状は、皮膚を掻くだけでもミミズ腫れになるというもの。
紫外線を特に浴びやすい頭皮は、保湿力が奪われやすく、この敏感肌に陥りやすい傾向があります。
つまり、抗炎症剤が配合されていなければ、元々荒れている頭皮は、少し刺激を与えるだけで炎症を繰り返し、皮膚がボロボロになっていってしまうのです。
そのような状態になるのを防ぐために配合されているわけなのです。

●保湿力を高めるヒアルロン酸が配合された育毛シャンプー

poit4

ヒアルロン酸が含まれている育毛シャンプーは、頭皮に水分を与えてくれる効果があります。
水分は、本来髪の毛や頭皮には欠かせない要素のひとつ。
なぜ水分が頭皮に必要なのかというと、それは畑を育てることをイメージしていただければわかりやすいと思います。
例えば、農作物を育てる場合には、栄養分となる肥料だけを与えたのでは、根に浸透していきません。
栄養を茎や葉に行き渡らせるためには、根に栄養成分と一緒に浸透する「水」の存在が必要不可欠なのです。
髪の毛もこの原理と同じで、皮膚(土)に水分が含まれていないと、髪の毛にまで栄養が行き渡らないのです。
このことから、頭皮にヒアルロン酸を与えるのは、健康的な髪の毛を生やすのに有効だということがいえます。

●コストパフォーマンスの良い育毛シャンプー

poit4

コストパフォーマンスといっても、ただ単にシャンプーの値段が安ければ良いというわけではありません。
安くても効果がなければ、薄毛予防になりませんので。ここでいっていることは、効果を含めてのコストパフォーマンスという意味です。
それには、シャンプー1本分の価格を日割りにしてどのくらいの費用がかかるのかをまず計算し、それぞれを比較して選ぶのがいいと思います。
効果の高い育毛シャンプーの中には、1本の価格が高くても日割りにしてみると、たいした費用ではないものがあります。
このサイトでは、効果・費用ともに良い育毛シャンプーを紹介しています。

育毛シャンプーのユーザーレビューを参考にしよう!

どの育毛シャンプーがおすすめなのかは、実際に使ってる方の口コミ(レビュー)を参考にするのが一番!というわけで、以下ユーザーレビューを集めてみました。

ノヴェルモイ薬用シャンプー

ノヴェルモイ薬用シャンプー

洗浄力が強く殺菌力もあるのにデリケートな赤ちゃんの肌にも優しいクオリティ!

【効果・効能】抜け毛、薄毛、脂性フケ、かゆみ、髪や頭皮の臭い、ハリ、コシ、ツヤ等を予防・改善

リーブ21ホームケアシャンプー

リーブ21ホームケアシャンプー

リーブ21のクリニックで使用されているものをホームケア用に開発!

【効果・効能】皮脂抑制、頭皮の臭い、ストレス性脱毛、切れ毛、抜け毛、かゆみ等を予防・改善

ブブカシャンプー

ブブカシャンプー

アミノ酸系洗浄成分配合で、傷んだ髪の毛を優しく補修!

【効果・効能】パサつき、髪のきしみ、フケ、かゆみ、乾燥肌、コシ等を予防・改善

S-1無添加シャンプー

S-1無添加シャンプー

アミノ酸系洗浄成分配合で、傷んだ髪の毛を優しく補修!

【効果・効能】パサつき、髪のきしみ、フケ、かゆみ、乾燥肌、コシ等を予防・改善

ウーマシャンプー

ウーマシャンプー

馬油(ばーゆ)エキス配合で、髪の毛の保湿と保脂を保ちながら優しく洗浄!

【効果・効能】パサつき、フケ、かゆみ、抜け毛、乾燥肌、切れ毛等を予防・改善

薬用スカルプDスカルプシャンプー

薬用スカルプDスカルプシャンプー

イソフラボン配合のきめ細かな泡で脂と汚れをしっかり落とす!

【効果・効能】髪のベタつき、乾燥肌、フケ、かゆみ、抜け毛、ハリ、コシ等を予防・改善

コストパフォーマンス、効果・効能の良いおすすめの育毛シャンプーを厳選し、紹介いたします。最終的にはご自分にあったものが一番ですが、ぜひご参考にしてください。

このページの先頭へ