なぜ普通のシャンプーではダメなのか?

普通のシャンプーでは効果なし?

薄毛や抜け毛を防ぐためには、まず頭皮の環境改善が一番大事なことです。
日ごろから頭皮を清潔に保つことで、健康的な髪の毛が生えやすい環境ができます。

それならば、育毛シャンプーを使わなくても、普通のシャンプーでいいのではないでしょうか?
普通のシャンプーで洗っても髪の毛や頭皮の汚れは落ちるし、清潔にもできる。そして普通のシャンプーは育毛シャンプーと比較してお金も安い。

しかし、発毛を促すという観点においては、シャンプーの役割は、頭皮を綺麗にするためだけのものではないのです。
では、普通のシャンプーと育毛シャンプーは一体何が違うのか?ここで取り上げてみたいと思います。

普通のシャンプーと育毛シャンプーの違い

普通のシャンプーと違って育毛シャンプーは、「毛髪の土台となる頭皮の状態を改善して正常に育てる」という役割を持っています。
普通のシャンプーには、その役割を果たすための成分が含まれていないことが多いです。

例えば、農作物を育てるには、その土台となる土壌がしっかりとできていないと、良い作物は育たない。
これは毛髪にもいえることで、栄養がいきとどいた豊かな土壌=健康な頭皮にこそ、抜けにくい元気な髪の毛が生えるのです。
いってみれば、育毛シャンプーは、毛髪を育てる「肥料」のようなものなのです。

育毛シャンプーに含まれている発毛成分とは?

育毛シャンプーには、グリチルリチン酸2Kが、配合されているものが多いです。
この成分は、皮膚の炎症を抑える働きがあり、正常な頭皮を維持します。

頭皮に溜まった汗や酸化した皮脂、フケなどは、雑菌のエサになるもの。
このエサが毛髪の毛穴に入り込むと、そこが炎症を起こし、発毛を妨げることがあります。
それを防ぐのがこの成分の役目だといえます。

普通のシャンプーの育毛面での問題点は洗浄力の強さにある

普通のシャンプーにある問題点は、強すぎる洗浄力と、質の悪いコーティング剤の使用にあります。
洗浄力が過剰だと、皮脂を落としすぎることにつながる。
皮脂=汚れというイメージがありますが、実はこの皮脂は頭皮を雑菌の侵入から守る役割と、髪の毛の乾燥を防ぐ役割があります。
つまり、頭皮にとって洗浄力が強すぎるシャンプーは、刺激が強すぎ、皮膚を弱らせるということなのです。

また、髪の毛を補修する役割を持つコーティング剤は、傷んだ髪の毛を滑らかにするという役目があるが、コーティング剤に含まれたシリコンの質が悪いと、毛穴に詰まってしまうことがあります。
ですから、コンディショナーを使う人は、育毛用のコンディショナーを使うことを推奨します。

ほどよい洗浄力と天然成分が、発毛しやすい頭皮環境を作る

育毛シャンプーは、「皮脂を摂り過ぎない」ことで、頭皮環境をバランスの良い状態に仕上げます。
洗浄力が強すぎない育毛シャンプーは、人体に近い成分を配合していて、その成分が汚れを落としてくれます。
例えば植物性のオイル(オリーブオイルなど)は、皮脂に似た油分でできており、油で脂を落とすという目的で配合されています。
皮脂をもれなく落とす石油系の洗浄剤を使用していないため、頭皮を傷めずに発毛しやすい環境ができるわけです。

髪の毛が傷んでしまったり、フケが止まらないなどの悩みをお持ちの人は、今使っているシャンプーが頭皮に合わないのかもしれませんので、まずはシャンプー選びから注意をしてみましょう。

さらにくわしく効果を知る!

さらにくわしく効果を知る!

このページの先頭へ