頭皮のかゆみを改善するには?

悩む男性の写真

頭皮がかゆくなるのは、毛穴の炎症が原因となっているケースが多数を占めます
炎症を繰り返すと、正常な発毛サイクルが阻害されてしまい、その結果細い髪の毛が生えるようになり、抜け毛を引き起こしてしまいます。

つまり、頭皮のかゆみは、薄毛への危険シグナルのひとつなのです。
では、かゆみの元となる毛穴の炎症はなぜ起こるのでしょうか?

ここでは、その原因とかゆみを抑える育毛シャンプーの有効成分の効果について取り上げてみたいと思います。

毛穴の炎症はなぜ起こるの?

分かりやすい症状でいえば頭皮にきび。
にきびは、毛穴に菌が繁殖して炎症を起こす症状です。
悪化すると、真皮層にまでダメージを及ぼし、髪の毛を生やす毛根を破壊してしまいます。

普通このニキビは大抵、顔にできるものだと考えられがちですが、悪条件がそろえばどこにだってできてしまいます。
特に頭には、雑菌のえさになる脂分が多いため、できやすいのです。

また、にきびまではいかなくても、目に見えない症状があらわれることがあります。
それが頭皮のかゆみです。

かゆみは、皮膚の表面が乾燥しているか、炎症を起こしかけているかのどちらかです。
早めの頭皮ケアを心がけましょう。

角質層が剥がれ落ちてフケも発生する

頭皮のかゆみはフケを発生させる原因のひとつです。
頭がかゆいと、爪を立ててボリボリ掻きむしる。そうすることで、皮膚の表面を覆った角質層が剥がれてしまいます。

この角質層の欠片がいわゆる「フケ」と呼ばれるもの。
頭皮のかゆみに悩まされている人は、同時にフケにも悩まされていることが多いです。

ですからフケを改善する場合は、まずは頭皮のかゆみを改善しなければなりません。
育毛シャンプーを使えば、有効成分が炎症を抑えると共に、シャンプーに含まれるヒアルロン酸やコラーゲンが頭皮の保湿力を高めて、かゆみが起こりにくい頭皮へと変えてくれます。
かゆみに悩んでいる人は、まず頭皮の状態を改善することからはじめましょう。

毛穴の炎症を抑える育毛シャンプーの有効成分「グリチルリチン酸2K」

育毛シャンプーには、発毛環境を育てるための天然成分および有効成分がたくさん配合されています。
その中でも頭皮の炎症に効果的なのがグリチルリチン酸2K

この成分は、毛穴の炎症を抑え、毛根にまで炎症のダメージが広がらないようにする効果があります。
薬効成分なので副作用が気になる人もいるかもしれませんが、シャンプーに含まれている程度の量ですと危険はなく、安心して使用することができます。

この有効成分が含まれた育毛シャンプーは、「ノヴェルモイ薬用シャンプー」や「スカルプD」、「ブブカシャンプー」など。
その中でもノヴェルモイ薬用シャンプーは、洗い上がりがふんわりして、仕上がりがいいと評判です。

どの育毛シャンプーが自分に合うかは、使ってみないとわからないところもありますが、いい物が多いのでぜひ試してみてください。

さらにくわしく効果を知る!

さらにくわしく効果を知る!

このページの先頭へ