育毛シャンプーがフケ防止・改善になる理由

悩む男性の写真

頭皮に積もるフケは、雑菌のエサとなり、毛穴を炎症させてしまう原因のひとつです。
雑菌は毛穴に入り込み、その場所を住みかにするわけですが、その侵入した異物を排除しようと免疫機能が働き、皮膚が炎症をおこすという極めて深刻な症状がもたらされます。

そもそもそんな頭皮の炎症を引き起こすフケが出てきてしまう原因はなんなのでしょうか?
ここでは、フケができるしくみを知り、数ある育毛シャンプーの中で、どのような物がフケ防止に効果的なのかを知っていただきたいと思います。

フケの元は一体何?

フケは、いわば皮膚の角質が剥がれて粉状になることで発生するもの。
実はこのフケ、誰にでも代謝の過程で発生するもので、少しなら目立つものではありませんが、大量に出てしまうと、不潔と見られがち。
このフケは、生活習慣の見直しと、質の良い育毛シャンプーを継続して使い続けることで改善されていきます。
フケが出る体質の人にオススメの育毛シャンプーは、保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸、人参エキスが多くふくまれているものがオススメです。
なるべく余計な科学物質が入っていない、頭皮に低刺激のものを選ぶといいでしょう。

乾燥肌と皮脂の過剰分泌によるフケの発生

頭皮の保水力が低下することによって引き起こされる乾燥肌。
この乾燥肌は、お顔の皮膚だけではなく、頭皮にもあらわれることがあり、それがフケを発生させる原因となります。

この乾燥肌によるフケの発生は、外気が乾燥しやすい冬場に多く見られます。
お部屋の湿度をスチーマーなどで適度に保ち、ヘアケアを徹底することで改善が見込めます。

また、汗をかきやすい夏や、不規則な生活習慣などが招くフケもあります。
これは、皮脂とフケが混ざることでより雑菌が好むエサとなり、頭皮環境を悪化させてしまいます。
この症状は、こまめに洗髪をして、雑菌や汚れを洗い流したクリアな頭皮を持続することで、改善されていきます。

シャンプーが原因でフケが発生することも!

洗浄力が強すぎるシャンプーを使っていると、フケが発生することがあります。
それはなぜかというと、頭皮の皮脂を根こそぎ洗い流してしまうから。

頭を毎日入念に洗っているのに、フケが治らないという人はそのシャンプーに問題があるのかもしれません。

頭皮に皮脂が少なくなると、乾燥肌が進み、余計にフケが発生してしまいます。
また、洗いすぎることで余計に皮脂が過剰分泌されてしまい、ベタついた髪の毛になってしまうことも!

頭皮への刺激が少ない成分が配合されている育毛シャンプーは、程よい洗浄力で保湿成分も配合されています。
フケで悩んでいる人は、普通のシャンプーから育毛シャンプーに代えてみてください。
個人差はありますが、見違えるように症状が改善されると思います。

さらにくわしく効果を知る!

さらにくわしく効果を知る!

このページの先頭へ