育毛シャンプーの効果は普通のシャンプーと違うの?

育毛シャンプーの効果は普通のシャンプーと違うの?

シャンプーにこだわりがない方からすると、育毛シャンプーって本当に効果があるのか分からないと思います。
洗うだけなら、市販されている普通のシャンプーを使ったほうが費用的にも安く上がりお得な感じがするでしょう。

しかし、フケやかゆみ、抜け毛などの頭皮にトラブルを抱えている方は、普通のシャンプーでは症状が悪化してしまう可能性があります。
なぜならば、普通のシャンプーは髪の毛のたんぱく質を破壊する、界面活性剤が使われているものが多いからです。このトラブルにつながる界面活性剤とは一体どのようなものなのか?解説していきます。

界面活性剤とは?

●水分と油分を乳化させて洗浄力を高める

乳化とは、本来ならば混ざり合わない水と油が分離せずに混ざり合った状態のこと。
普通に水と油を混ぜようとすると、水の中に油滴ができますが、これは双方の接触面に表面張力が働いているからです。
界面活性剤は、この水と油の表面張力を無くし、乳化を促す作用があります。
普通のシャンプーの洗浄効果とは、このような界面活性剤の乳化作用によって、水と手による摩擦で汚れを落とすということなのです。
ただ、この界面活性剤には、あるデメリットがあります。

●界面活性剤は皮膚のたんぱく質を破壊する

界面活性剤が持つ問題点は、皮膚のたんぱく質成分を破壊してしまう作用があるということです。
破壊といっても皮膚を溶かしてしまうわけではないのですが、人によっては、皮膚の炎症、アトピー性皮膚炎、かぶれ、湿疹などを引き起こす恐れがあります。
髪の毛もアミノ酸(たんぱく質)で出来ていることから、界面活性剤は髪の毛の繊維を壊して、細く傷んだ状態にしてしまう場合があるのです。

髪の毛にやさしい効果のメカニズム

●抗炎症成分が頭皮の炎症を抑える

育毛シャンプーの多くの種類には、抗炎症成分であるグリチルリチン酸ジカリウムが含まれています。
この成分が皮膚の炎症を抑え、毛穴の深部まで炎症によるダメージが広がるのを予防する効果が期待できます。

※育毛シャンプーに配合されているグリチルリチン酸ジカリウムは薬効が強い抗炎症成分ですが、配合率が国により厳しく定められており、体に害の無い分量が配合されています。そのため、副作用等は確認されていない安全な成分だといえます。

●植物性オイルが毛髪や髪の毛をコーティング

お勧めの育毛シャンプーの成分には、植物性のオイルが配合されています。
このオイルが洗い落とした皮脂の代わりになり毛髪や頭皮をコーティングし、パサつきや頭皮の乾燥を防ぐ役割を果たしてくれます。
つまり、育毛シャンプーは、頭皮の油分を適度に保ってくれる効果があるのです。

●コラーゲンやヒアルロン酸が頭皮の保湿力を高める

コラーゲンやヒアルロン酸のような保湿成分が配合された育毛シャンプーは、頭皮の保水力を高めて乾燥肌を防ぎます。
コラーゲンやヒアルロン酸は、細胞間に存在する貯蔵庫の役割を担う物質です。
これらの成分を頭皮に与えてあげることで効率よく吸収され、頭皮の乾燥を防ぎ、過剰な角質が生まれるのを抑制します。

●ビタミンやその他天然成分が細胞分裂を活性化

育毛シャンプーには、頭皮の栄養分となるビタミンやミネラル、天然成分が豊富に配合されています。
これらの成分が頭皮に吸収されることで、栄養が効率よく補給され、その結果細胞分裂が活発になり、発毛が促進されるというメカニズム。
頭皮の細胞も顔や体と同じように、細胞は日々生まれ変わっています。その生まれ変わりに必要な栄養を、育毛シャンプーで補ってあげるのが目的なのです。

このように、育毛シャンプーの効果は、頭皮を育てるという目的があり、普通のシャンプーよりも発毛に必要な要素が盛り込まれた商品だといえます。
ただし、優れた効果があるものもあれば、そうでないものもあるので、このサイトをご覧になり、自分に合った良いシャンプーを見つけていただけると幸いです。

さらにくわしく効果を知る!

さらにくわしく効果を知る!

このページの先頭へ